まさ探訪

~社会の出来事や様子を僕なりに考えてアウトプットする雑記~

これだけは言いたい。コミュ障は外人のいるシェアハウスに住むな。

f:id:masansa:20170716111838p:plain

性格的に相当な人見知りのまさです。

 

その僕が、2か月間研修ということで大阪に滞在しました。

 

せっかくならと思い、おもいきって外国人もOKのシェアハウスに滞在することに。

 

そして、2か月間がすぎた結果、あまりいい経験ではなかったことをお伝えします。

 

僕がお勧めしない理由はたった1つ。

 

それは、まったくコミュニケーションが取れない、ということ。

 

いや、行く前から分かってただろ!っておもいますね。

 

もちろん、僕もわかってたよ。

でも自分なりにコミュニケーションとろうと努力すればなんとかなると。

 

しかし、なかなかうまくいかなかった。

 

そもそもどういう感じかというと、

 

僕が2か月間お世話になったシェアハウスには2人の日本人と3人のフランス人が住んでいた。

 

初めが肝心!と思い、フランス人がリビングにいるときに超絶フランクな感じで挨拶。

Hi!my name is masa!!!

 

ワンピースのスマホカバーをしているのを見つけて

Oh! ONE PIECE! very good!!

yah!yah!

 

みたいな感じ!すると明日、野球見に行くんだけど一緒に行く?とお誘いが。

 

僕はバスケを15年近くやっていたので、スポーツを一緒にやる、観ることはすぐに仲良くなることができると知っていた。

 

これはスタートダッシュのチャンスと思い

英語はほぼできないが、I want!!みたいなんを連呼してたらなんと一緒に見ることに。

 

このときはイケる!イケるぞ!コミュ障なんて努力次第でどうにでもなる!と輝かしい2か月間になると誰もが想像したことでしょう。

 

テラスハウスin ハワイ的な!

 

フランス人には女性が1人いるし、ワンナイト的なんも・・・。

 

 

 

僕はそんな幻想を抱きながら眠りについた。

 

次の日、僕は研修に行き、終わってから直接野球場に向かう。

 

フランス人は毎日が休み(なにもしてない)なので僕が研修終わる頃には野球場に行っていた。

 

わくわくしながら、電車に乗り急いで野球場に向かった。

楽しみだった僕の足は自然と早足になる。

 

そして野球場で合流。すでに野球の試合は4回表くらいまでいっていた。

そして乾杯して、野球観戦。

 

しかし、そのあとのどうすればいいのか・・・。

英語が話せない僕は何を喋ったらいいのかわからず、ビールだけが進む・・・。

 

不穏な感じになってきた・・・。

 

そして頼りの野球もまさかの投手戦。

 

フランス人もフランス語で話していて何を言っているのかさっぱり。

 

たまに英語で話しかけてくれるも、それすらわからない・・・。

 

こうなるとネガティブ陰キャの僕が発動しだす。

 

フランス人が僕を見る目がきつく、何で来たんだ的な感じ・・・。

 

 

  

こうなるとビールを飲みまくるが、なぜか酔わない。

 

そして長い長い野球観戦が終わった。

 

これが最初で最後のフランス人との思い出である。

 

研修の都合もあり、なかなか時間が合わなかったこともあるが、これ以降一緒に何かをすることはなかった。

 

家の中であってもHi!程度。

 

相手も英語で伝えても理解できないから、どうしたらいいかわからない感じになっている。

 

申し訳なくなり、そして僕の根本的な性格、コミュ障が発動してしまい、リビングに行くことが無くなりTHE END。

 

ちなみに一緒に住んでいる日本人は英語、フランス語はペラペラだったらしい。

 

その人を介して話したかったのだが夜の仕事をしているらしく、時間が全く合わない。

 

というか顔すらみたことがないまま1か月以上がたつくらい。

 

だから今考えれば僕だけシェアハウスで浮いていたのかも・・・。笑

 

まとめ

 

コミュ障だけど、変わりたいと思ってシェアハウスを検討している人!

 

とにかく外人がいるシェアハウスはやめておけ。

 

ボッチになるぞ!!

 

まずは日本人だけの家に住むことを勧める。もしくは日本語を話せる外人がいること。

 

一歩ずつ成長することが大切だということです。

 

おわり