まさ探訪

~社会の出来事や様子を僕なりに考えてアウトプットする雑記~

カーシェアリングは思ったより普及している!?

f:id:masansa:20170821205151j:plain

今週中に車を手放す計画のまさです。

 

なぜなら車をもってる必要なんてないし、お金が無駄にかかるから。

 

それに関しての記事はこちら

 

www.masahiroblog.com

 

今回はこれから車を持つこと自体が不必要でカーシェアをすることになっていくということを解説するよ。

 

カーシェアリングとは?

カーシェアリングcarsharing)とは、一般に登録を行った会員間で特定の自動車を共同使用するサービスないしはシステムのこと。自動車を借りるという面ではレンタカーと近い存在であるが、一般にレンタカーよりもごく短時間の利用を想定しており、利用者にとってはレンタカーよりも便利で安価になるように設定されていることが多い。

(引用Wikipedia)

 

レンタカーと仕組みは同じなんだけど、もっと短期的で1時間、2時間程度で借りるようもの。

 

レンタカーよりも安く手軽に利用することが可能なところが特徴となっている。

 

そしてなぜカーシェアリングが普及してきているかというと、車を持つこと自体が無くなってきているのである。

 

車を持つことが無くなる理由

①これからの若者は経済的に車をもてない

なぜならば年々、若者の収入が減少傾向にあるからである。

 

f:id:masansa:20170821201131g:plain

 

平成9年に比べ、平成25年には約40万円ほど収入が少ない。

 

こうなれば自動的に車に割けるお金もないので、車離れが進行する。

 

②高齢化による身体の問題

これからは後記高齢化社会

 

身体的に車に乗れない人が人口の10~20%を占めることになる。

 

そうなれば全人口の10%前後が必然的に車を持つことが無くなる。

 

③車=ステータスの概念がない

車を持っている=ステータスの時代はもう終わってきている。

 

そもそも昔はいい車を持っていることが人としてもステータスみたいな風潮があった。

 

だからみんな無理をしてでも車を買って見せびらかしたりしてた。

 

だけど収入などの問題もあり若者の車離れなどから、もうすでにそんな時代ではなくなってしまっている。

 

持っていないことが当たり前となった今、車自慢でうらやましがられることが無くなってきている。

 

カーシェアリングは思ったより普及している!?

 

それを裏付けるようにタイムズのカーシェアリングの利益は急増しているのご存じ?

 

町を歩いているとちらほらとカーシェアリングという文字を見る程度だと思うけど、実はめちゃくちゃ利用されている。

 

それがこちら

 

f:id:masansa:20170821200112j:plain

 

売上で186億円、利益が28億円なんだって!!!!

 

カーシェアリングの会員数も約45万人との数字が出ている。

 

皆さんが知らないだけで、利用している人は結構多いし、売り上げからもリピーターが多いことがわかる。

 

車の稼働率は10%以下!?

 

そもそも今現在、日本にある車の稼働がどれだけされているかというと、全体の約4.8%。

 

稼働率の計算は  年間走行距離/年間日数*稼働時間16h  となっている。

 

実際、車を持っていても車通勤してたら1日1時間程度しか乗らないし、車通勤でなければ平日の5日はほとんど乗らない。

 

つまり、世の中には車が余っている。

 

今の車の総数の10%~20%くらいあれば、シェアしてまかなえることになる。

 

だから、カーシェアリングがこれだけ普及しているんだね。

 

しかももっというと4人乗りの車で4人が乗るようなことってほぼないじゃん!?

 

そうすると車は4人乗りである必要性がないし、1,2人の小さな乗り物でシェアできればとっても合理的。

 

そして車自体が無くなってくれば必然的に駐車場も今までみたいに多くはいらないし、土地も余ってくる。

 

そうすれば、東京なんかの土地の価格も下がって住み易くなるんじゃないかな?

 

まとめ

今、車をもっている人はどれだけ自分が車を使っているのか見直してみよう。

 

実際に考えてみると稼働率はとても低いはず!

 

だったら高いお金を払って保持するよりかは、カーシェアリングを使った方がいいと思う。

 

いろんな車乗れるしね。

 

おわり