まさ探訪

~社会の出来事や様子を僕なりに考えてアウトプットする雑記~

もし僕がいま25歳なら・・・。

f:id:masansa:20170823235932j:plain

先日、”もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある”という本を読みました。

 

この本は47歳である松浦弥太郎さんという方が25歳に戻ったらもっとこういうことをやるだろうなぁってことを50個書いてある本である。

 

この本を読んでいる僕は今年で26歳。

 

ほぼほぼこの本で書かれている年齢と一致する。

 

本屋でこの本を見つけたとき、本を書いた松浦弥太郎さんという方を知らなかったし、本の存在についても全く知らなかった。

 

でも僕がこの本を読みたいと思った。

 

それには理由がある。

 

それは、今現在大学時代に戻れたらもっとこんなことをしていたのにと後悔しているから。

 

僕はたまに大学時代からこうやってブログを書いていたらどれだけの資産がたまってたかなぁと思ったり、時間があったのだからたくさん有意義な経験をできたのに・・・。

 

なんて思うことがある。

 

でもそれは大学時代に限ったことではない。

 

大学時代には高校時代での後悔があるし、高校のときは中学時代の後悔をしていたのだ。

 

つまり、このままいくとあと5年後には、26歳の時にもっとこうしていればなぁと思っているだろう。というか絶対思っている。

 

だから、47歳となった松浦さんが25歳の時にやっておきたいと思ったことをあらかじめ知っておけば、後悔しないんじゃないか?って思った。

 

単純だけどね。笑

 

 今、どうすればいいかわからない人へ

 

この本には、50ものことをやりたいと書いてあるが、すべてにおいて共通するのは全力でなんでもやるということ。

 

若いのだから失敗を恐れず、いろんな経験をした方がいい。

 

そして、その経験は必ず後に役に立つということ。

 

それがたとえギャンブルであったとしてもだ。

 

僕はパチスロをやっているのですごくわかる。

 

今まではギャンブル=損という、世間で言われているイメージを持っていた。

しかし、それはやったこともないし本当に損なのかを知らずに勝手に思っていただけ。

 

でも実際に現在は年間60万ほどの利益をだすことができている。

 

これはたまたまではない。

 

だから何でもまずやってみよう。

 

そしてこの本にはもっとこうしておけばこういう人になれるよ!ってことが書いてある。

 

まとめ

将来、何になりたいかわからなかったり、なりたい人物像はあるけれどどうすればいいのかわからない人にはオススメ。

 

この本を読んでみれば、明日からでも実践できることは山ほどある。

 

いつも過去を振り返って後悔する人は、さっさとこの本を読んで行動していこう!

 

今やらないと、5年後の2022年には2017年にあれやっとけばなぁってまた後悔するぞ。

 

さぁ行動しよう!

 

おわり