まさ探訪

~社会の出来事や様子を僕なりに考えてアウトプットする雑記~

腐ったネタに時間を割くな

f:id:masansa:20180725062548p:plain

どうも、まさです

 

最近は記事ネタはストックできるようになりましたが、結局書かないってネタが多くなってきてしまってます

 

これは記事ネタが腐ってしまってるんです

記事にも鮮度があって、ある期間をすぎると腐ります

 

僕の経験からすると、ブログ記事の鮮度は一週間

それ以上とっているネタは潔く捨てましょうね

 

ブログネタをストックする

 

最近は、ネタが見つかる度にメモ程度に下書きに書いています

そうすることでブログ書きたいけど、ネタがないよ〜って状態をなくすことができます

 

詳しくはこちらに書いてます

www.masahiroblog.com

 

ネタを貯めることはできるようになってきたので、困ることはないんですけど書くのが追いつかなくて、どんどん後回しになってしまう記事も出てくるんです

 

そうなると今度は出来事とか、こういうことを言いたい!ってのは覚えてるんだけど、その時の気持ちを覚えていないので臨場感のある記事が書けなくなってしまう・・・

 

後回しにすると言いたかったことがわからなくなる

 

ネタがあった時はこういうことが言いたいんだ!って気持ちが強いので書くのが簡単なんだけど、二週間くらい経ってから書こうとしたら全然手が進まないってことが起きる

 

そしてまた後回し→手が進まない→後回し・・・・・結局書かない

 

後回しにしてしまうと、せっかく見つけたネタを世に出さないことになってしまう

 

結構もったいないよね。もしかしたらたくさんの人が求めてる情報かもしれないし

 

腐ったネタに時間を割くな

貧乏性な僕なんかは”もったいない”と思って、なんとかネタを記事に仕上げようとしてしまいます

 

だけど今まで納得できた記事を書きあげられたことはほとんどありません

多少はありますよ。でもそれ以上に納得できなかった記事が多過ぎます。正直言って時間の無駄です

 

料理人は腐った食材を”もったいない”と言いながら、なんとか美味しい料理を作ろうと努力するでしょうか?

 

しませんよね。腐った食材はさっさと捨てて、新鮮な食材で美味しい料理を作ります

 

ブログもそれと同じなんですね

 

対策

 

メモを残してから一週間以内に書く

 

これが僕の対策です。ブログ記事の消費期限は一週間。それ以上は捨てましょう

 

僕の経験上ネタが見つかってから、だいたい一週間をめどに書いた方がいいと思う

それ以上なってしまうと、その時の状態はメモに残ってはいるんだけど、気持ちとして残ってないから臨場感がある記事が書けない

 

僕にとってブログ記事の消費期限は一週間なんです

常に意識しておくことが大切ですね

 

 

まとめ

ブログ記事は鮮度があります

 

だから思いついたネタは一週間以内に書き上げるのがオススメ

別にすぐに公開しなくてもいいから、とにかく文字だけでも書き上げておく。そうじゃないといい記事は書けないです

 

ちなみにこれは僕の場合なので、俺は1ヶ月前のネタでも書けるよ!って人もいるかもしれませんが・・・

 

まぁ自分の記事消費期限を知っておくことが大切ですね

 

ってことで、じゃあの〜