まさ探訪

~社会の出来事や様子を僕なりに考えてアウトプットする雑記~

【書評】サラリーマン2.0を読んだら、今年No.1の作品だった

f:id:masansa:20180805181157p:plain

どうも、まさです

 

今回はたまたま本屋で出会ったサラリーマン2.0という本を読んだので紹介したいと思います

  

 内容を簡単に説明すると、平日はサラリーマンとして働きながら週末や有給を使って世界一周をしてしまうという話

 

 

総評

この本は僕の中で、今年No1の本だったね

というか人生の中でもTop5には入るような人生のバイブル的な本でした

 

まず世界を旅することはサラリーマンでは不可能。というか週末だけで世界一周しようなんて考えることすらなかった

 

世界を旅してみたい。そのためには会社を辞めないといけないから、どこでも自分の力で稼げるようにならないと!って考えてた

辞めずに旅するという選択肢自体がなかった僕にとっては衝撃的でした

 

次に気になった部分について紹介しますね

 

ノリで挑戦している

初めてアメリカへの海外旅行でTOEIC440点程度のほとんど英語を喋れないのにWiFiも持たずに行ってしまうノリ

 

そして『地球の歩き方』だけを持っていってアメリカを旅しようとしている。しかもそれすら忘れるっていうね

 

ガンジス川に行ってみたいからインドに行く。アンコールワットが見たいからカンボジアに行く

an・anに載ってる佐々木希と同じことがしたいから香港に行ってみる 

f:id:masansa:20180805174146j:plain

 

f:id:masansa:20180805174156j:plain

 

やったことない、行ったことない、食べたことない

未経験なものは怖いし、不安だよね。頭で考えれば考えるほど体が動かなくなる

だからこれくらいのノリでやってみるのがいいのかもしれない

 

堀江貴文さんもこの本で言ってたし

www.masahiroblog.com

 

やってみたら意外とできた

英語を実際に使わないといけない状況に追い込まれて使ってみたところ、自分が知ってる英単語だけでも十分に伝えることができ、自分がやりたいことは全て実現できてしまった

 

 多分ほとんどのことがやってみたら簡単なんだと思う

 

僕も最初はひとりで知らないご飯屋さんに入ることはなかなかできなかった

でも実際にやってみると別になんてことない

今ではひとりでスシローとか行ってる。(団体だと40分待ちとかなのにひとりだとすぐに食べれたりするのでとても快適)

 

僕にはできないと思った部分

週末と貯金だけを使って、世界一周という経験を得ることができたと書いてあるが、まぁ週末を全て旅に捧げることは可能だろう

ただ貯金を使うという部分。いくらの貯金を使ったのかというと・・・

 

250万円かかったそうです

僕にはそんな貯金はどこにもないので、貯金内(50万)でできることを考えないといけないなって思います

 

 

ただそれは言い訳でしかなくて、安くで行ける便や旅行先を選択すれば世界一周でなくても行ける

 

これが僕の悪いとこだと気づかされましたね

 

自分らしい生き方を見つける

1.生き方の選択肢を知る

2.自分らしい生き方について本気で考える

3.自分らしい生き方を自分に対して証明する

 

これはマジで大事だと思うし、できてない人が多すぎる

特に1.生き方の選択肢を知る

サラリーマンをやってる人はこれを知らない人が多すぎる

 

僕が投資家として生きていこうとしている時も、他の人に話したら”すごいね”とか”自分には無理だな”、”それって大丈夫なの?”と言われることがほとんど

 

まず働き方、お金の稼ぎ方、生き方の選択肢を知らなすぎるからそういう返答になるんだろうなって思う

 

親にもサラリーマンを辞めるというと、苦労してほしくないからちゃんと考えて欲しいと言われる

他にも働き方はあるってことや、今の時代は生き方が多様化していることを説明するが反応はピンときてない感じ

選択肢自体がないから、言ってる意味がわからないんだろう

 

現状を変えたかったらとにかく選択肢を知ることから

日本にいても情報は手に入れられるし、世界に行って自分の目で確かめるのもいいかもしれない

 

今すぐ簡単にやれることでいうと本を読めばいい。簡単なことですね

 

サラリーマンこそ最強の職業

安定した収入、銀行からの信頼、やり直しがきく

 

そうはいっても僕はそれでもサラリーマンを辞めるという気持ちは変わらない

 

でも逆に言えば、辞めてしまえば旅なんていくらでもできる。この時間が制限されている状況というのは今しかない

 

著者の東松さんもサラリーマンだからこそ、ここまで話題になったと思う

毎日自由なお金と時間があって世界一周したところで、”いいな〜”くらいしか思われないだろう

 

だからこそ僕もサラリーマンという今の状況を有効活用していこうと考えている 

 

おわりに

 

そして僕はこれに影響を受けて、旅をすることを決めました

 

どんな旅をするのかは、また後日に発表しますね

 

なかなか行動できない僕を動かすことのできるほど、素晴らしい本だったと思います

 

なかなか行動できないって人には、是非ともオススメしたい本でした 

ってことで、じゃあの〜