まさ探訪

~社会の出来事や様子を僕なりに考えてアウトプットする雑記~

購入するボロ物件の条件

f:id:masansa:20181126194929p:plain

どうも、まさです

 

最近は不動産投資のことを調べています

 

不動産投資とはいえ、物件購入ができるほどの種銭もないのでボロ物件を購入して自分でリフォームするということを考えているんですね

そこでこんな本を読んでいて、著者がボロ物件を購入する条件というものをだしていたので紹介します

 

ボロ物件投資に必要な条件

・築30年以上でも満室、もしくは満室に近い

・手入れがされている

・表面利回り30%以上

・購入後のリフォームが50万円以下

・建物が今後10年建っていそう

・値引き交渉ができる

 

筆者の加藤ひろゆきさんは、これらの条件を満たすものが購入に値すると言うのです

 

満室という条件も書かれてあるためアパートの条件なんでしょうが、最初に読んだ時は、これらの条件を満たす物件なんてあるのか?という感想でした

 

しかしこれくらいの条件を満たさないと利回りが悪く、利益になりにくいみたいですね

Youtubeで不動産大手の楽待という会社の広乃内さんが、ボロ物件を再生させるにはどうしたらいいのか?というアドバイスをする動画でも同じようなことを言っていました


「畳・和式便器・バランス釜」の三重苦物件で入居は付く?【空き家再生人がボロ物件に突撃!!】

 

利回り30%以上とか、リフォームに50万円以下とかですね

 

ちなみに僕が目をつけている物件は多分築30年以上の戸建で、購入後のリフォームは50万は超えそうな感じ・・・

外壁がボロボロなので、そこを直すだけでもそこそこかかりそうだし、水回りがアウトなら楽勝に超えるでしょうね

 

ん〜キビシイ・・・

まぁそう簡単に見つかるんだったら苦労しないですからねっ!

 

アベノミクスなんかの影響で物件価格も下がってないみたいですし、少し時間かけて見つけるしかありませんわ

 

ってことで、じゃあの〜