体験

初めて台湾に行ったら、言葉の壁がゼロだった

 f:id:masansa:20190105191247p:plain

 

どうも、まさです

 

年末年始は2泊3日で台湾旅行に行ってきました

 

僕自身、2回目の海外旅行であり、台湾に行くのは初めて

中国語なんてできるわけもなく、言葉に関しては不安でしかなかったのですが、予想以上に日本語が通じるんですよね

 

ということで今回は台湾での言葉の壁について語っていきたいと思います

 

 

台湾は基本日本語の案内がある

f:id:masansa:20190105190739p:plain

基本的にはすべてのものにおいて日本語の案内があるんですね

 

駅や道案内、ご飯のメニューなど、生活に必要なことすべてです

だから中国語がまったくわからない人であっても十分に生きていくことができますよ

 

ただご飯屋さんでは、基本的には中国語メニューしかおいていないので、日本語メニューをもらうことが必要な場合はあります

 

お店の人も顔だけでは日本人かどうか判別がつかない時があるみたいなので、”Japanese menu please”とか”English menu please”とか言っておけばたいていの場合は対応してくれます

 

店に1人は日本語が話せる人がいる

f:id:masansa:20190105190903p:plain

そして日本語を話せる人がお店に1人はいたなぁって印象でした

 

ちょっとした屋台でも日本語を話せる店員さんがいるんですよね

それがビックリでした

しかも単語だけしか話せないレベルではなく、そこそこ文になるような会話をしてくるんですよ

 

だから台湾だったら、今すぐにでも住めると思います

ただ僕が行ったのは台北ですので、他の地域や田舎の方は通じるかわかりませんが・・・

 

とにかく自分は日本人なんだよということをアピールしておけば、あとはなんとか対応してくれるので安心です

 

わからなかったらその辺にいる日本人に聞ける

f:id:masansa:20190105190924p:plain

最悪、日本語が話せる人がいなかったとしても、その辺に日本人がいるのでその人たちに聞けます

 

ここは本当に外国か?と思うくらい日本語があちこちで聞こえてきますよ

いや、マジで!

 

日本人って見た目でなんとなくわかるじゃないですか?

だから見た目が日本人だろうな〜みたいな人とか、日本語話しているなぁ〜って人にわからないことがあったら聞いてみるのもいいですね

 

さいごに

今回は初めて台湾に行ったので、そのでの言葉の壁のことについてお話しました

 

たった2泊3日だったのですが、めちゃくちゃ住みやすくてビックリでしたね

初日から母国のように生活できるんですもん

 

それから日本人も多いし、日本語に予想以上に対応してくる台湾人の対応力に驚きました

 

”言葉の壁があるから怖くて海外に行ったことない”って人は台湾はめちゃくちゃおすすめです

 

ほんっとに日本語で生きていけますよ

 

ってことで、じゃあの〜